ビュッフェ形式飲食店で損をしないために選ぶポイントをご紹介

外食の際、ビッフェ形式での食事時間の充実が暮らしの充実に役立つかも

お得感を味わうってどういうことかな?

ビッフェとういう言葉をご存知でしたか。 どうも、バイキングや食べ放題とは少し違うようです。 調べてみるとビッフェの語源はフランスで棚という言葉から派生しているとのこと。 そして、その棚から各自が食べたいものを皿にとって食べるということらしいですが、立食形式というところもあるようですね。

和洋折衷&スイーツ

料理やスイーツをビッフェ形式のお店で楽しもうとした場合、店の立地はどうするのか。 互いの行動範囲の中で収めるのか、それとも、お店を狙って足を運ぶか。 一緒に楽しむあいてにもよりますが、気を抜けないあいてと一緒に行くとなると、下見として一人での利用もしておかなければならないのかもしれないですね。

誰と愉しもうか

食事をするかスイーツを楽しむかもそうですが、誰と一緒に楽しむかも重要であるとは思いませんか。 個人的には、プライベートで気心の知れた人と楽しみたいものです。 しかし、知り合ったのはビジネスであっても、仲良くなればプライベートとしてビッフェ形式のお店を楽しむこともできるよね。

ビッフェとバイキングの違い

そもそも、得をしたと思えたことは、日常で度々、経験されているとは思うのですが、いかがでしょうか。
反対の表現をすると、「損をした」という気持ちを自覚したことがある人はいるとは思うのです。
ちょっと乱暴な表現となりますが、例えばスーパーの惣菜売り場でのこと。午後の7時に50%の値引きがあるとしましょう。6時50分にスーパーのカゴに惣菜を入れて、レジを通過する時には7時を過ぎていたとしましょう。その頃は、売り場には50%の値引きシールを貼られた惣菜が並んでいるのです。自分のカゴに入っている物と同じものが。
これって、お店のレジの人が気づいて値引きしてくださることって、期待できないと思うのですよね。買い物をする当人は7時に値引きがあることを知らないとう場合もありますがね。これって、知らないから損をしたと自覚はなくても、ちょっと勿体ないような気がするのです。値引きのシールを貼ってもらうよりも、少々、損をしたと思っても時間を優勢にあと少しで値引きがあると判っていても買い物を早くしたいから値引きのシールを待たずしてレジに行くこともあるでしょうが。
裕福でない庶民としては、値引きのシールを貼ってもらうのを待っている私ですがね。
そういえば、ショッピングモールなどでは、常にバーゲンをしているように感じられますが、昨日買ってまだ一度も着用していな洋服が翌日にバーゲンで安くなっていると、なんか悔しい気持ちになったりしませんか。
他にも同じような事例があるのではないでしょうか。