>

たくさんアイテムを使っている

木材が重要な柱になる

住宅を建設する際に柱が曲がっていると、住宅そのものが曲がってしまいます。
すると変なところに圧力が掛かって、崩壊しやすくなります。
欠陥住宅だと言われるので、しっかり柱を垂直に立てなければいけません。
その時に使うアイテムが、下げ降りになります。
しかし下げ降りは、暴風に弱いというデメリットがあります。

強風が吹いている時は使用できなくなってしまうので、その際は太いパイプの中に下げ降りを入れて使うことが多いです。
全ての柱を推垂直にすることで、丈夫な住宅になります。
そのような住宅なら、誰でも安心して暮らせるでしょう。
下げ降りがないと、住宅を建てることができません。
そのぐらい、重要なアイテムだと言われています。

木材の表面を滑らかにする

用意したばかりの頃は、木材の表面はザラザラしています。
そのままでは加工しにくいので、カンナという道具を使って表面を削ります。
カンナは、よく聞くアイテムでしょう。
工務店で働くスタッフを見ていると、簡単にカンナを使って木材を削っています。
しかし実際に挑戦してみると、簡単ではありません。

力加減を間違えると、表面がデコボコになってしまいます。
ですから新人はうまく削れるようになるまで、何回も練習を重ねています。
表面を削っていない木材は、木の破片でケガをする恐れがあります。
カンナで綺麗に削ることで、ケガの防止になるというメリットもあります。
ですから住宅を建設する前に、木材をしっかり削って表面を滑らかにしています。


この記事をシェアする