>

綺麗な溝を作れるように

溝切り機の役割

窓やふすま用の溝を作りたい時に、最近は溝切り機を使っています。
溝切り機がなかった時代は、人間が作業しなければいけませんでした。
しかし綺麗な溝を作ることは非常に難しく、失敗することも多かったと言われます。
近年は溝切り機があるので、誰でも簡単に溝を作ることができます。
綺麗な溝になれば、窓の開け閉めが楽になるでしょう。

工務店を探す際は、どんな道具を持っているのかを調べると良いですね。
複数の道具を持っていることがわかれば、依頼しても構いません。
アイテムをほとんど使わず、全て人間の手で作業を進めている工務店は、時間が掛かりますし失敗することが多くなります。
あまり良いとは言えないので、別の工務店に依頼しましょう。

どこを加工するのか

頭の中で木材のここを切ろうと考えていても、何も印をつけていないと忘れてしまいます。
的確に木材を加工できるように、工務店では印をつけています。
その時に、鉛筆を使っている人が多く見られます。
鉛筆はわざわざ削らなければいけないので、面倒だと感じる人もいるでしょう。
会社で仕事をしたり、学校で勉強している人はシャープペンシルを使うことが多いと思います。

しかしシャープペンシルでは線が薄かったり、細かったりするので印をつけても見えないことがあり意味がありません。
鉛筆の方が濃くて、太い線を書けるので印をつけることに向いています。
工務店で働くたくさんの人が、鉛筆を愛用しています。
これも立派な、アイテムの1つでしょう。


この記事をシェアする