外食の際、ビッフェ形式での食事時間の充実が暮らしの充実に役立つかも

>

お得感を味わうってどういうことかな?

この記事をシェアする

マイナス感情の「損をした」を削除の店

相手のことよりも、こちらが、期待していた結果でない場合の感情の捉え方として「徳をした」とか「損をした」と表現してしまたりするのではないでしょうか。
では、「徳をした」と思えることは、どんなことでしょう。あくまで、個人的な考えで恐縮ですが。
同じものを提供されても「徳をした」と受け止められる人と「そんをした」と受け止める人がいるようにも思えます。
何事も、「徳をした」と思えると暮らしの中での幸福度も上がるのでしょうが、仙人でもない限り、なかなかそのような人が存在しないのではないでしょうか。
常に徳をしたと思うのは、すべてにおいて期待をしていない語り、期待している項目や基準が低かったり基準がなかったりするのだろうと思うのですが、いかがでしょう。

お得な人と

サービスの提供も出るが、日頃、ご一緒することが難しい人や、交友関係の方と一緒の時間と場を共有することだけで、「徳をした」と思えたりはしないですか?
その時って、料理やサービスは二の次で、同伴者の焦点が当たっているからだと思うのです。
そのような方とは、公園でお話しするだけで幸せな気持ちになったりするのではないでしょうか。
料理や場所も大切ですが、自分以外の他者に対するリスペクトしている度合いにも重要だとは思いませんか。

貴重な対面や雰囲気を違いにリスペクトしあえるような空間と時間になれば、お金に換算出来ないことだと思うのです。
極端な話しで、実現不可能ですが、例えば戦国武将と一緒に食事ができるとなるとお金では考えられないですよ。